ショアジギングにおすすめのランディングツール(タモ)について

ショアジギングに関する他のブログはこちらから

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

ショアジギング以外の釣りブログはこちらから

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

はじめに

毎週日曜日は,釣果報告以外の,おすすめのタックル紹介や豆知識などの情報ネタを投稿する予定としています。

今回は,ランディングツール(タモ)についてお話します。

ショアジギングで,80cm以上のブリを20本以上,80cm以上のサワラも20本以上,80cm未満の中・小型の青物は100本以上釣り上げている筆者が,これまでの経験を元にショアジギングにおけるランディングツールについて解説したいと思います。

瀬戸内海での堤防からのライトショアジギングにおいても,大型の青物が釣れることは多々あります。

そんな時に,ランディングを失敗して後悔しないためにも,ランディングツール(タモ)はしっかりと準備しましょう。

ランディングシャフト(タモの柄)の長さについて

まず,ランディングシャフトの長さについてですが,私は7mを推奨します。

なぜ,この長さを推奨するかですが,干潮時に足場の高い場所でランディングする際には,長さが必要であることと,一人でランディングする際には,立ったままの姿勢でランディングするには長い方が良いためです。

私のフィールドである瀬戸内海では,だいたいの堤防で6mもあれば海面まで届きます。しかし,1人の場合だと海面まで届くだけでは大型のブリ・サワラをランディングすることは困難です。

大型のブリ・サワラをランディングする際には,ランディングシャフトを脇に挟んで立ったままの姿勢で行えることが理想です。

シャフトのギリギリを片手で持って,しゃがみながらランディングするのと,シャフトを脇に挟んで立った姿勢でランディングするのと,どちらが取り込みやすいでしょうか?もちろん,後者の方です。

このような理由で私は7mのランディングシャフトを推奨します。

かくいう私も,以前は5.5mのランディングシャフトを使用しており,それを7mに変えたので,その経験を踏まえてのお話です。

筆者が現在(2023.2月)使用しているランディングシャフトは,「テイルウォーク キャッチバー改 700」です。

テイルウォーク キャッチバー改 700

ランディングネット(タモ網)について

ランディングネットも色々とあると思いますが,深さが80㎝以上あるものを用意しましょう。

60㎝だと大きなブリやサワラが釣れた時に入りません。45㎝だと,もう話になりません。

瀬戸内海での堤防からのライトショアジギングでも80㎝超えのブリやサワラが釣れるチャンスはいくらでもあります。いざ,釣れた時に後悔しないよう,深さが80㎝以上あるものを用意しておきましょう。

また,ネットの入口(フレーム)が狭いと,特にミノー系のフックがネットの入口に引っ掛かって魚が入らない!ってことになってしまいますので,できるだけ入口も広いものがお勧めです。

かくいう私も(再),以前は深さ60㎝のランディングネットを使用しており,メーターブリが釣れた時に大苦戦し,結局ネットに入りませんでした。その時は幸いにも手が届く場所まで引っ張っていくことができたので,最終的にはフィッシュグリップを使ってハンドランディングして,なんとかキャッチできました。

それから,深さが100㎝のランディングネットに変更しましたが,それがわりと入口の狭いフレームだったので,ミノー系のフックがネットの入口に引っ掛かってしまい,ランディングできないってことを何度か経験し,今はメジャークラフト・ヘキサネット(L)を使用しています。

このヘキサネット(L)は,青物をランディングするにはとても良いと思います。サワラもランディングしやすいので,おすすめです。(M)だと青物に対しては小さいので,必ず(L)にしましょう。

メジャークラフト・ヘキサネット・ワンピースタイプ・サイズ(L)

メジャークラフト・ヘキサネットLは大人気のため,売り切れていることが多いので,お手持ちのランディングネットのフレームに,ネットだけをメジャークラフト・ヘキサネットLのスペアネットに取り替えるという方法もあります。この方法はお財布に優しいですよ😄

メジャークラフト・ヘキサネットLのスペアネット

ブリとサワラのランディング方法の違いについて

ショアジギング(特に足場の高い堤防)におけるサワラのランディングは,難易度が高く,同じ重量だと,ブリよりもサワラの方が難しいです。

ブリとサワラの魚の特性の違いや,ランディングのコツなどについて,下の記事を参照してください。

サワラのランディングに関する記事は

ランディングツールの置き場所について

私は釣り始める前に,大型青物をランディングすることをイメージしてからキャストします。(この高さでランディングネットは届くか?とか,魚を寄せてくるまでに障害物はあるか?など)

初めての場所で海面までの高さに不安がある場合は,キャストの前にシャフトを伸ばして届くかどうかを確認します。シャフトを伸ばしてみて,ランディングが不可能と判断した場合,私はキャストしません。目の前でナブラが湧いていたとしてもです。(誰にも迷惑をかけることなく階段等がある場所まで引っ張って行ける場合はキャストしますが😅)

何故かというと,例え青物がヒットしたとしても,ランディングができなければ最終的にはラインが切れてルアーをロストすることになります。そしてロストしたルアーは,ヒットした青物の口にかかったままになってしまいます。それは釣り人にとっても,魚にとっても良いことではないからです。

話をランディングツールの置き場所についてに戻します。キャストする前にランディングのことをイメージできたら,大型青物をヒットさせたとき,ランディングツールをどこに置いておけば取りやすいかを考えるようになります。

高い場所で釣っているのに,低い場所に転がしていたら届きませんし,車に置きっぱなしなんで論外ですね。ランディングツールは自分が取りやすい位置に置くようにしましょう。

筆者が使用しているタモをコンパクトに折りたためる「昌栄(SIYOUEI) フレックスアーム VerII」を

まとめ

繰り返しとなりますが,瀬戸内海でのライトショアジギングでも80㎝超えのブリやサワラが釣れるチャンスはあります。投げて巻くだけで釣れるルアーもたくさんありますので,初心者の方にも大物がヒットする可能性は十分にあります。

しかし,ヒットした魚をキャッチするためには,必ずランディングツールの準備が必要となりますので,後悔しないようにしっかりと準備をしておきましょう。ブリクラスの大物をランディングで捕り逃がしたら,3日ほど寝つきが悪くなってしまいますよ。

自分が青物用のランディングツールを持っていない場合は,持っている人と一緒に釣行しましょう。

ランディングツール無しで青物に挑むことは,周りの釣り人に迷惑となる行為なので,やめた方が良いでしょう。時々,エギンガーの釣り人さんが,ナブラを見てエギングロッドのままランディングツール無しでエギをメタルジグに付け替えてキャストされることがあります。気持ちは分かりますが,青物がヒットしてもキャッチできないので,やめておきましょう。

ショアジギングにおすすめのスナップに関する記事は

ソルトルアーの釣り動画はこちら

筆者おすすめルアー
これだけあれば,青物釣れます!
(クリックするとAmazonの最新価格が分かります)

ショアジギングに関する他のブログはこちらから

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

おすすめNo.1 焼酎 DAIYAME(だいやめ)

・風味

・炭酸割り

・ロック

芋焼酎とは思えない,ライチのような華やかな香りが広がります。甘くまろやかな味わいとキレの良い後味が特長で,どんな料理にも合います。特に強炭酸で割ると,とても美味しい!

おねがい

 場所の特定につながるようなコメントはお控えください。
 釣り禁止となる場所が1つでも増えないことを切に願っています。漁師の方や地元住民へ迷惑となるような以下の行為はやめましょう。
 ・釣り場にゴミを放置して帰る。
 ・釣り場を汚す。(撒き餌,イカの墨跡,絞めた魚の血,直火でBBQなど)※筆者は水汲みバケツとブラシを持参して釣行後に掃除してから帰っています。
 ・夜中や早朝に騒ぐ,大きな音を立てる。(車のエンジン音・排気音,ドアを閉める音など)

プロフィール

 釣り過ぎダニエルです。

 瀬戸内海の沿岸部に在住で,自宅又は職場から車で20分圏内に多数の釣りスポットがあるという,恵まれた環境で,主に防波堤やサーフから40g前後のルアーをメインとするライトショアジギングで,日々ブリ・サワラを追い続けてキャストを繰り返しています。
 青物のハイシーズン中には,ほぼ毎日のように朝マズメは釣り場に行っているという,ホントに釣りバカな奴です。
 以前は,夜釣りでアジングやエギングなどのライトゲームもしていましたが(どちらかと言えば,そっちがメインでした。),夜釣りと早朝の釣りが両立できない年頃となり,最近はもっぱら青物を狙っています。
 釣行回数的にも釣果的にも,知人・釣友から”釣り過ぎ”と言われる経験を元に,筆者が釣った魚やヒットルアー,豆知識等などを紹介させていただきます。
 このブログで紹介する釣果については,全てショアジギングでの釣果となります。ボートでのジギングの釣果は一切含まれておりません。ボートゲームに関しては,ボート専用のタックルすら持っていないド素人です。ご了承ください。

プライバシーポリシーについて

Amazonのアソシエイトとして,当サイト[ショアジギングマスターへの道]は適格販売により収入を得ています。