堤防からの ライトショアジギング で メジロ GET ヒットルアー ピンテールチューン27 【釣行記-48】

ショアジギングに関する他のブログはこちらから

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

ショアジギング以外の釣りブログはこちらから

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣行時間・環境

時間 朝まずめ

場所 瀬戸内海沿岸部 某防波堤

水深 5~15m

釣果状況

仕事前の朝まずめ

この日も旨いサワラを狙って,まだ薄暗いうちから,キャストする。

この日にヒットしたルアーは,筆者の記事ではお馴染みの,ジャクソン ピンテールチューン 90㎜ 27g

ピンテールチューン27gの特徴や使用方法等については,下記の記事を参照してください。

ピンテールチューン27gをキャストして,着水から20秒ほど沈めてからファーストリトリーブ。10回ほど巻いたところでガツんっ!とアタリ!

良型のサワラか?と思ったけど,メジロでした~😄

ショアジギング初心者・中級者におすすめ! ジャクソン3兄弟を徹底比較分析! ( Gコントロール サゴシチューン ピンテールチューン )の記事はこちら! ~特徴を知って釣果アップ!~

ヒットルアー

ジャクソン ピンテールチューン 90㎜ 27g

飛距離

・泳ぎ(ただ巻き)

・泳ぎ(ジャーク)

【インプレ】 スローリトリーブだと,上手に泳がないので,ファーストリトリーブが基本となる。ファーストリトリーブ時にイレギュラーにダートし,青物の捕食スイッチを入れる。ジャークを入れずに同じスピードのままイレギュラーダートする泳ぎがこのルアーの真骨頂であり,「Gコントロール 93㎜ 28g」にはない。また,飛距離もこのクラスのヘビーシンキングミノーの中では一番飛ぶ。但し,イレギュラーダートする泳ぎは不安定さと表裏一体であり,フックの大きさ,フックの向き,アイの変形,巻きスピードなどが要因で泳ぎが悪くなってしまう。また,連続ジャークを入れると泳ぎが崩れやすい。泳ぎが悪いと,バタつくので浮き上がりが早くなる。ちょっとクセのあるルアーだが,使いこなすと強い味方となる。純正フックは交換必須!

ジャクソン3兄弟の他のルアーについて

ジャクソン ピンテールサゴシチューン 90㎜ 28g

飛距離

・泳ぎ(ただ巻き)

・泳ぎ(ジャーク)

【インプレ】 フロントリップの形状により,ただ巻きの泳ぎは安定していて,着水からすぐに巻き始めても海面から飛び出しにくい。「ピンテールチューン90㎜ 27g」ほどではないが,ファーストリトリーブ時のイレギュラーダートもする。ジャーク時の動きも良く,大きめの連続ジャークをしても泳ぎが崩れにくい。短所は飛距離で,フラッシング効果を高めるための角ばったボディ形状が飛距離を落としている。「ピンテールチューン90㎜ 27g」に比べると,10%ほど飛距離が落ちる。個人的には,泳ぎ,操作性の面ではジャクソン3兄弟の中では一番良いと思っている。でも,飛距離が,,,

ジャクソン Gコントロール 93㎜ 28g

飛距離

・泳ぎ(ただ巻き)

・泳ぎ(ジャーク)

【インプレ】 フロントリップが「ピンテールチューン90㎜ 27g」に比べて少し大きく,ベリー部分のセカンドリップにより泳ぎが安定しているため,ファーストリトリーブだけでなく,スローリトリーブでも安定して泳ぐ。安定しているがゆえに,泳ぎが素直で単調でもある。連続ジャークを入れても泳ぎが崩れにくく安定しているので,リトリーブ時にジャークを入れる方が良い。飛距離は,リップの形状も影響しているためか「ピンテールチューン90㎜ 27g」には劣るが,「サゴシチューン90㎜ 28g」よりも飛ぶ。ジャクソン3兄弟の中では一番弱点もなく,まとまっていて,誰にでも使いやすい。

フック交換について

「ピンテールチューン27g」は必ずフックを交換してください。純正フックでキャッチできるのは,せいぜいメジロクラスまでです。交換するフックですが,筆者が色々と試してみた結果,フックの大きさは純正と同じ#6,太さはH(ヘビー)です。理由は,フックを大きくすると,ルアーの泳ぎが悪くなってしまうことと,#5のMH(ミディアムヘビー)ぐらいでは,結局ブリクラスの大物では曲げられてしまうからです。

「セットアッパー 125S-DR」(青物スペシャルでないノーマルタイプ)も同様にフックを交換しましょう。

ショアジギング初心者・中級者におすすめ! フック交換,フックの向きについての記事はこちら! ~大物をキャッチするためにフックは正しく交換しよう~

筆者が愛用しているコスパのフィーモフック(10本入り) Hタイプを

信頼のがまかつトレブルフックSP-Hタイプを

OWNER(オーナー) カルティバ ST-56 スティンガートリプルフックを

OWNER(オーナー)の トリプルフックは,一見どれがH(ヘビー)タイプか分かりにくいと思います。H(ヘビー)タイプは,2桁の数字の左の数字が5です。

下の表を参考にしてください。(OWNER(オーナー)公式ホームページ

使用タックル

〇ロッド15コルトスナイパーS906M
〇リール21ストラディックSW4000XG
〇ライン(PE)ピットブル12 1.5号 200m
〇リーダーサンライン(SUNLINE) システムショックリーダー ソルティメイト FC (25lb~35lb)
〇スナップアクティブ ルアースナップ・ストロング 2号

ソルトルアーの釣り動画はこちら

筆者おすすめルアー
これだけあれば,青物釣れます!
(クリックするとAmazonの最新価格が分かります)

ショアジギングに関する他のブログはこちらから

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

おすすめNo.1 焼酎 DAIYAME(だいやめ)

・風味

・炭酸割り

・ロック

芋焼酎とは思えない,ライチのような華やかな香りが広がります。甘くまろやかな味わいとキレの良い後味が特長で,どんな料理にも合います。特に強炭酸で割ると,とても美味しい!

おねがい

 場所の特定につながるようなコメントはお控えください。
 釣り禁止となる場所が1つでも増えないことを切に願っています。漁師の方や地元住民へ迷惑となるような以下の行為はやめましょう。
 ・釣り場にゴミを放置して帰る。
 ・釣り場を汚す。(撒き餌,イカの墨跡,絞めた魚の血,直火でBBQなど)※筆者は水汲みバケツとブラシを持参して釣行後に掃除してから帰っています。
 ・夜中や早朝に騒ぐ,大きな音を立てる。(車のエンジン音・排気音,ドアを閉める音など)

プロフィール

 釣り過ぎダニエルです。

 瀬戸内海の沿岸部に在住で,自宅又は職場から車で20分圏内に多数の釣りスポットがあるという,恵まれた環境で,主に防波堤やサーフから40g前後のルアーをメインとするライトショアジギングで,日々ブリ・サワラを追い続けてキャストを繰り返しています。
 青物のハイシーズン中には,ほぼ毎日のように朝マズメは釣り場に行っているという,ホントに釣りバカな奴です。
 以前は,夜釣りでアジングやエギングなどのライトゲームもしていましたが(どちらかと言えば,そっちがメインでした。),夜釣りと早朝の釣りが両立できない年頃となり,最近はもっぱら青物を狙っています。
 釣行回数的にも釣果的にも,知人・釣友から”釣り過ぎ”と言われる経験を元に,筆者が釣った魚やヒットルアー,豆知識等などを紹介させていただきます。
 このブログで紹介する釣果については,全てショアジギングでの釣果となります。ボートでのジギングの釣果は一切含まれておりません。ボートゲームに関しては,ボート専用のタックルすら持っていないド素人です。ご了承ください。

プライバシーポリシーについて

Amazonのアソシエイトとして,当サイト[ショアジギングマスターへの道]は適格販売により収入を得ています。